温泉旅行

温泉旅行でよくあるあの話。セトラセトラのどみお

年に1度の熱海温泉旅行

"私は、祖母が年に1度連れて行ってくれる熱海温泉旅行が大好きです。
ちょうど、夏休みの期間に2泊3日で毎年いっています。
熱海の良いところがたくさんあります。駅の近くに、お土産が買える商店街。
たくさんのホテルがあり、何よりホテルから徒歩数分で海に行ける!それと、静岡の東京よりなので近いのに、自然を楽しめ交通の便がいいです。
そんないろいろなところに惹かれました。私の毎年泊まっているホテルにはたくさんの温泉があります!
露天風呂、大浴場、貸切風呂などあります。中でも私が気に入っている、朝の5時から起きて露天風呂に入るとまだ人が少なく、朝の静かな絶景が楽しめる露天風呂は最高です。日常を忘れられる、すごい好きな温泉です!ぜひ熱海に旅行に行ってみてください!こんな良いところあるのだなと感じてもらえるはずです。
私が毎年行っている季節は夏ですが、春夏秋冬問わず、行ってみたいです。
小さな子どもも気に入ります。なぜなら、ホテルには食べ放題があるからです。
熱海特有の、海の幸が楽しめるお寿司、お刺身、山の幸の天ぷらなど色々あります。
それだけではなく、デザートや夏ではアイスが食べ放題です。小さな子どもも喜ぶ、プリンやゼリーがあります。
また、大人の方にはアルコールが飲み放題です。話は飛びますが、夜に海岸へ風を当たりに行くと、夜景も楽しめちゃいます。
海岸で花火している人たちが何人かいます。夜の熱海の景色も素晴らしいです。"

福島から青森八甲田の酸ヶ湯温泉日帰り入浴

"温泉が大好きでいろんな温泉に行きましたが、私が東日本で一番好きな温泉は青森県八甲田に有る酸ヶ湯温泉です。
私の住んでいる福島県からだと、650kmくらい離れていますがあまりに酸ヶ湯温泉が気に入って日帰りをしたことが有ります。
朝5時に出発して直ぐに東北自動車道を、ただひたすら北上し青森をめざし仲間と運転を交換しながら向かいます。
だいたい6時間ちょっとで青森インターに、インターを下りて今度は八甲田に向かって山道を登り始め40分くらいで一軒宿の酸ヶ湯温泉に着きます。
フロントで入浴料を払って、あの有名な仙人風呂へ向かいます。
ここは湯治の湯でも有名です。
仙人風呂は脱衣場の右側が女性で、左側が男性になっていて、入り口の前には男女何足かのスリッパが並んでいます。
脱衣場でそそくさと裸になって、仙人風呂に向かいます。
脱衣場の引き戸を開き階段を何段か下がった所が温泉で、二つの大小の湯船が目に入り他にかかり湯用の湯だまりと左奥に打たせ湯が有りますが、ビックリするのが全部一つの建物の中に有り、普通にバレーボールの試合ができるほどの広さで、八甲田で大雪が降るのに屋根が抜けないのも不思議なくらい広さなのです。
実はこの仙人風呂混浴で、よく見ると女性も入浴していますが、白濁の湯と湯気で女性もそんなに気を使わずに入浴できます。
女性は脱衣場から階段を下りて湯船の近くまで衝立が有って、入浴しやすくなっています。
湯船は青森ヒバでできています。
男女が和気藹々で、温泉を楽しんでいます。
4時間ぐらい温泉に浸かってのんびりして温泉を出ます。
また青森市の青森インターまで下って、東北自動車道に入ったらまたひたすら南下し福島を目指します。
何とか、その日のうちに福島に戻って日帰り温泉達成です。

往復1300kmの過酷な日帰り温泉ですが、温泉が良いので仲間と何回も行っています。
10月に行ったときに、温泉を出たら初雪が積もっていてビックリしたことも有ります。
私の大好きな温泉の酸ヶ湯温泉でした。
"

まさかの大雪。銀山温泉(山形)

"山形県にある銀山温泉に妻と二人でいったときの話です。
銀山温泉はとても歴史がある温泉地で温泉街自体は小さいですが、一軒一軒の宿が古く趣があります。温泉街は車での乗り入れが禁止されています。
大正時代に建てらたものも多く、大正ロマンあふれる温泉地です。
私が訪れたのは12月の中旬くらいでそれまで雪はほとんど降っていませんでした。車で山形県内を北上しているとみるみるうちに雪が増えていきました。
たまたま、その日は日本列島に寒波が訪れており各地で大雪が降っていました。
銀山温泉が山の麓から中腹あたりにあり、温泉につくころには1メートル近く積もっていました。急な雪のせいで除雪も間に合っていない状況でした。
スタッドレスタイヤを装着していたものの、降り積もる雪でタイヤを取られ、何度か嵌りそうになりました。
雪道で止まって動けなくなることがどれほど危険か知っていたため、それだけは避けたいと思っていました。
途中で向かうのをあきらめようかと思いましたが、戻るにも大雪でここまできたら進むしかありませんでした。
どうにかこうにか宿まで到着すると各宿の従業員が雪かきをしていて道はなんとか歩けるほどでした。
雪が降り積もる温泉街の街並みはとても幻想的で美しく、雪国ならではものでした。到着までにこれほど苦労したのは初めての経験で温かい温泉は格別でした。
どんなに素晴らしい温泉に行くよりも、行くまでに苦労したほうがいい旅になるのかもしれません。
"

東北の温泉を考えているなら蔵王温泉へ!

"昨年の夏に夫と東北旅行を計画して、まだ行ったことのない温泉地ということで蔵王温泉へ行ってきました。
東北新幹線でアクセスも良く、迷うことなく老舗の旅館「深山荘 高見屋」へチェックイン。こちらの宿に決めたのは、まず300年もの歴史がある老舗ということです。
外観も立派な日本家屋で、接客態度も大変良かったです。女将さんによる親切なおもてなしは今でも良い思い出です。
お風呂はにごり湯で貸し切り風呂を使用しました。強酸性のお湯のため、硫黄の香りもする昔ながらの湯治場という雰囲気で、温泉だ!とう気分になります。肌がすべすべになり大変気に入りました。お風呂場も広すぎず狭すぎず、といったところでお湯加減もちょうど良かったです。
食事は豪華というよりは誰もが楽しめる食材、山形の山菜や牛肉などでした。量も多すぎずちょうど良かったと思います。配膳スタッフの方達も気さくで、世間話で盛り上がりました。デザートまで完食することが出来ました。せっかく山形まで来たので山形牛をもっとたくさん食べたかったのですが、お肉の量が若干少なめだったのが少し残念でした。
旅館の周辺は山の中のため自然が豊かで、少し散策したりしていい運動になりました。もしまた東北へ温泉入りに行く機会があれば、ぜひ蔵王温泉の高見屋にまた泊りに行きたいなと思えるくらい大変気に入りました。
"

社会人初の旅行の思い出

社会人になって初めて行った旅行は大学時代の友人達との温泉旅行でした。
下呂温泉に行ってきたのですが、私は温泉自体が初体験だったのでとても想い出深いものとなりました。
宿泊した旅館は特に有名な旅館だったのですが、旅行関連の仕事をしている友達のおかげで少しリーズナブルに
利用できました。
出てきた食事も普段では味わえないような手の込んだもので満足でき、また生の海鮮ものが苦手なのですが
仲居さんが火であぶってくれて食べやすくしてくれた事がとても嬉しかったです。
肝心の温泉についても湯加減や効用が体に合ってとても気持ちよかったです。
街並みを散歩していると他の旅館に宿泊している観光客の方で賑わっており、お土産屋さんや遊ぶ場所もたくさんあり、
旅館外でも十分楽しめる環境でした。
お酒については食事中に出されたものも十分な量だったのですが、夜中になって飲み足りなさを感じたので
旅館内の自販機に行ってみたのですが、やはり少し高めだったので歩いてすぐのコンビニに行って買い込んできました。
行きも帰りも特急電車を利用したのですが、乗り換えなしの直通移動だったので移動で疲れる事もなく、
旅行自体を非常に楽しめました。
また機会があれば皆で行きたい場所になりました。

 

http://xn--u9j295ge7bhyhez8bizntwkmnmd0q.com

ホーム RSS購読